住宅ローンの保証料について相談するには?

住宅ローンを組む際、必ず加入しなければいけない保証会社があります。
その保険会社とは「団体信用生命保険」を取り扱っている会社です。
団体信用生命保険という保証の内容は、ローンを組む世帯主に万が一の事があった場合、残りのローンが無くなる。
という内容の保険です。
これは残されたご家族にローンの負担を残さない様にする為の特別処置です。
保証会社はその銀行によって違いますが保証料は銀行負担という所ケースがほとんどです。
自分が保証料を支払う必要はないので、安心して住宅を選ぶ事が出来ます。
長年住宅ローンの支払いをしているとまとまった現金を手に入れるチャンスもあるかと思います。
そんな時は、是非繰り上げ返済を検討してみましょう。
繰り上げ返済は月々のローンとは別のもので、ある程度まとまった現金を返済するやり方です。
繰り上げ返済をする事により、根本的なローンの元の金額を減らす事ができますので、借入額をさらに減らす事ができます。
元金が減るので、月々の返済額も少なくなります。
繰り上げ返済をする際に手数料がかかる銀行もあります。
マイホームを購入するという事は誰でも憧れる事だと思います。
ですが、住宅購入をする際には必ず住宅ローン審査が必要です。
現金ですべて支払いが出来れば問題はありませんがそういう方は数少ないですよね。
ですから、銀行の住宅ローンを検討される方が多いです。
住宅ローン審査は、数ある審査の中でも特に厳しい物だと言われています。
最長35年という年月支払い続けるものですからやはりローンが通らない方もいらっしゃいます。
その理由として一番大きいのがやはり収入面です。
住宅ローン審査を通過するには、最低でも300万以上の年収が基準と言われています。
ただ、それだけで良いという訳ではなく、会社の規模や勤続年数などもチェックされます。
住宅ローンで今人気を集めている商品がフラット35です。
最大の特徴としては、35年間支払いが変わらない。
という点です。
フラット35は、35年間、毎月の支払額が変わらないというのが最大のメリットです。
35年という長い間、世の景気に左右されることなく、厳しい審査が待っています。
フラット35のローン審査は、一般的な物と少し目の付けどころが違います。
フラット35だからといって、審査内容が甘い。
といった事もありません。
一般的な住宅ローンと一緒です。
ですから、将来価値がありそうな住宅の場合、逆に価値がないと判断される住宅は審査が通りにくいという事になります。

住宅ローン無料相談はどこで?メリット・デメリット【悩み解決法は?】