脱毛中につけるジェルって冷たすぎない?我慢せずに施術受けるには?

銀座カラーでは、まず冷感ジェルを塗ってから、施術をするケースが多いです。
脱毛を受ける場所の環境や状況によって変わってきますが、冷却ジェルを使うことで寒さを感じる人が多いようです。
もし、寒いなと思ったら、施術が終わるまで我慢しないでスタッフにそう告げてください。
エアコンを調節してくれたり、冷却ジェル以外のもので代用してくれたりと、店舗でも対策はしてくれるでしょう。
ニードル脱毛は確かな永久脱毛効果がある反面、ニードルで毛根に電流を流すので、ニードルを刺した毛根部は、軽度の火傷の状態になってしまったりします。
そのため、処置の後は施術を行った部分が赤くなって、痛みが生じることがあります。
そんな火傷による炎症症状を抑えるため、保湿とか冷却などの処置が必要です。
ムダ毛処理の後には保湿にも気をつかってください。
剃ったり抜いたりした後の肌の状態は、どうしても刺激を避けることができず、荒れやすくなっています。
普段使用している化粧品では刺激が強くなることもあるので、ムダ毛処理の後に使うための肌に優しい敏感肌用の化粧品などを用意しておけばいいでしょう。
脱毛の効果については気になるものですが、脱毛サロンでの施術の結果というのはそうすぐあきらかになるものではありません。
いくらか差はあるでしょうが、少なくとも3回は施術を受けた後でないと脱毛効果を実感できることはなさそうです。
折角サロンに通っているのに効果が見えないと、不安に思うのも無理はないのですが、とにかく契約通りの回数をこなすまではサロン通いを継続した方が良いようです。
予定していた回数を終わらせたのに効果がないという時は、その時はお店に話をしましょう。
脱毛の進行具合によりますが、もう少し施術を継続させることが必要になるかもしれません。